十二月


十二神将

十二神将は、七千の夜叉を従えて薬師如来に随侍する眷族である。薬師経を誦持すると言われる。
一説には、薬師如来の12の本願を象徴するとも言われている。

十二神将と十二支は、本来は無関係であるが、中国古来の十二支の信仰と仏教の十二神将が、
数字の上で重なるところから、対応して当てられるようになった思われる。

日本においては新薬師寺の十二神将(塑像)が最も古い作例である。
古い十二神将像は、十二支を表さないものが多い。

像容・持物・方位・十二支の配置などは、必ずしも一定ではなく、諸派諸説によって異なる。
薬師如来の左右に六体ずつ置かれたり、周囲を囲んだり、前面に壇上に並んだり、
お堂や如来像の大きさにより、さまざまな配列がなされている。

十二神将の名称 

宮毘羅   くびら    子  太刀

伐折羅   ばさら    丑  剣

迷企羅   めきら    寅  独鈷

安底羅   あんてら    卯  宝珠

按爾羅   あんにら    辰  矢

珊底羅   さんてら   巳  ほら貝

因達羅   いんだら    午  矛

波夷羅   はいら      未  弓矢

摩虎羅   まこら    申  斧

真達羅   しんだら   酉

招杜羅   しょうとら   戌  太刀

毘羯羅   びから    亥  三鈷