九月

九品来迎

九品来迎とは、人が死ぬ時に迎えに来てくれる阿弥陀如来の九通りの来迎の様子のことである。


九品 

観無量寿経のなかでは、極楽浄土は九つの世界に分かれていると説明されている。 
その世界観をわかりやすくひろめたのが源信である。
源信は往生要集の中で、「 誰でも念仏を唱えれば極楽往生できるが、
現世での行いのよしあしにより、往生できる浄土の順位も決まる」と説いた。 
つまり彼は「 現世で念仏を唱え、なお善行を行えば来世でもよりよい極楽にいける」
という考えを人々に広めたのである。
阿弥陀の仏国土である極楽浄土は、まず上品・中品・下品の三つの世界に分かれていて、
上品がその一番上の浄土であるとされた。以下、中・下と続く。
それぞれの「品」はまた上生・中生・下生のという三つに分かれている。
そして人々の臨終の際に、阿弥陀如来がどんな形でお迎えに来てくださるかで、
自分がどこの極楽に行くのかわかるとされた。

九品の種類

「品」は信仰の深さを表し、「生」は善行の量を表すとされる。
それぞれに「上・中・下」の三段階を設けて九品とした。

上品上生  上品中生  上品下生  
中品上生  中品中生  中品下生 
下品上生  下品中生  下品下生 


九品来迎の形

上品・・阿弥陀如来は蓮台を持った観音菩薩、合掌する勢至菩薩、多くの聖衆を従え、
    幡をたて音楽を奏でてお迎えにくる。     
中品・・上品にくらべ聖衆の数が減り、中品上生では阿弥陀と比丘衆、
    中品下生では阿弥陀如来のみとなる。
下品・・蓮台だけが降りてくるとされている。
    下品下生では金色の蓮華があらわれそこに収まって往生する時を待つ。


九体仏

極楽浄土の九品の世界を表すために安置して祀られた九体の仏のことをいう。
奈良の浄瑠璃寺の九体仏が平安期の作例である。



九品仏

九体の阿弥陀如来を一堂に安置するものであるが、
九体仏とちがい、九体の如来が、それぞれに違う印を結んでいるものをいう。



印相の九品 印による九品の見分け方

上品 人差し指と親指で輪
中品 中指と親指で輪
下品 薬指と親指で輪
上生 ひざに手を置く 
中生 胸元に手を置く 
下生 右手を上げ左手を下ろす 


上品上生 阿弥陀の定印とされている
上品中生
上品下生 来迎印(与願施無印や降魔印に似ている)といわれる
中品上生
中品中生
中品下生
下品上生
下品中生 説法印(転法輪印に似ている)といわれる
下品下生

※  上記三種の説明書きのあるものが多用されている
※  宗派などにより解釈が異なる