ようこそ エッシャーの世界へ

不可能な循環

これは 彼の絵の中でももっとも有名なものでしょう だまし絵と呼ばれるものです

実際にはありえないものを絵の中でいかにもあるように描いていきます

彼は 立体であるものを平面に描こうとしたそれまでの絵画のあり方自体を 「だまし」であるととらえていました

エッシャーはそこからもう一歩 すすんで ありえないものを「絵」の中で ありえそうに 描いていこうとしたのでした

左下にある太古の海のような世界や塔の上にある多面体は実際にはありえない光景です

それらがあることで 不思議な水の流れを この絵の中であたかも「正しい」もののように感じさせてくれるのです


もっと詳しく見たい方はこちら

...もう いいと言う方は 次へ または 入り口