ようこそ エッシャーの世界へ
天地の融合




エッシャーは ひとつの画面の中で ひとつのものを あらゆる角度から見ようとしました

セザンヌなども色と形の中でそれを試みたのはよくしられているところです

エッシャーのそれを表す方法は 幾何学の法則の中でそれらを平面にあらわしていこうとするものでした

ここに挙げた絵のモデルになっている「カールアップ」と言う虫は 彼の生み出したものです

一つの平面が それぞれのカールアップごとに 天井であったり壁であったり床であったりしているのがわかります
次へ または もどるそして もっと見たい方はこちらへ