FIGURE in rainbow 
絵を描きながら 形の向こうに何を見ているのだろうか

よく 抽象画はわからないといいます
まるで 子供のいたずら描きと どこが違うのだろうと 思うこともあります
いかにも 誰にでも描けそうです 

でも どうしてなのでしょう
私には 目でわかる形をなくした絵の中では
感じること 伝えたいことたちが 永遠の命を得たかのように感じられてきます

感じる心だけが くっきりと浮かび上がってみえてきます

形について  ピカソの場合
抽象画といえば 誰しも思いつくのがピカソです
ピカソの4枚の女性の肖像画を ならべてみました
彼の興味は 人間の存在そのものにあったように感じられます
そして 形ではあらわしきれない人の心や意志を 
背景の配色であらわしたり形を崩すことで 表現していこうとする過程がわかると思います
はじめのうちは まだ目に見える形の中でそれを表そうとしていましたが
彼の感受性は 画面や色の制約 つまりは自然の法則から飛び出して
独自の人体表現を作り出していきます
左下はよく私たちが見かけるタイプのピカソの絵です
私は 晩年の右下の絵がとても気に入っています
初期の頃に見られる人物に対する愛情と 独自の人体表現が
とてもうまく融合されている作品のように思うからです


                 
           
 
          






  
形について  カンディンスキーの場合

カンディンスキーは 具象の時代 圧倒的に風景画の多い画家です
人物を描いたものもありますが ほとんどが情景のなかの一要素です
彼は人物や風景を 画面に表すうちに 
その画面の世界のとりこになっていったように私には思われてなりません
人を描き表すよりも自分の心の興味のあった人かとも 受け取れます
右上の絵は 本当に色鮮やかな風景画ですが 大きくしてみると
風景画であるにもかかわらず すでに彼の絵画表現の要素があるのがみてとれます
つまり目に見えるものをそのまま写し取ろうとしていうのではなく
景色に対する自分の感動を 形や色に変えて描いていこうとしていることがわかります
たとえば きれいに感じた赤の色を形の中に押し込めないで
そのままの存在として描いているような感じです
形にしても もとの形を残しながらも 
画面構成のほうに彼の気持ちが動いているのがみてとれます
彼にとって 色は光を表す道具ではなくなりました
彼にとって 形はものを表す道具ではなくなりました
色や形は 彼にとって心を表す道具として使われだしました
そして風景や人物という媒体をとおることなく
彼は 感じたものを 形と色だけで 表現していくようになります
下の二つは 最晩年のものです
複雑に絡み合いながらも 理路整然とした彼の心が私には見える気がします



                    


               



形について  セザンヌの場合

彼の絵は抽象画なのでしょうか
私には 彼の絵はどれも のっぺりした平坦な絵に見えます
生気がないようにも感じられます
私は そこに彼の絶望を見ます

おそらく彼は 絵を描くことに失望していたのだと思います
どう考えても 三次元の世界を二次元であらわすことはできません
そのできないことを 補うために遠近法が生まれ 
あたかも三次元があるかのように絵画は描かれてきました
しかし その限界に気づいたセザンヌは あえて 遠近法をこわしていきました
こぼれおちそうなみかんやビン・・・・

単体として見えたものたちを みえたままに同一画面に描いていくこと
つまり いくつもの視点を絵の中に置くこと 
絵が誰から見ても意味のあるものではないということ
自分の感性を表現していくものであるということ
つまり 絵は自分自身そのものであるということ

そういった彼の考え方が のちの抽象画を生み出したといわれています


          


                      


                    

          

セザンヌは それまでの絵画表現に新しい視点を送り込みました カンディンスキーは 色と形を使って 二次元の画面の上を自在に飛び回りました ピカソは 平面になったものに もう一度心を織り込みました  もう一度 ピカソやカンディンスキーの絵を見てください 彼らが描きたかったものが見えてきます セザンヌが果たせなかったものが そこにはあると思います

piture introdution


Pablo Picasso.........Marie-Therese Walter
                      Girl in a Chemise :1905                      
                      Girl on a Pillow :1936
                      Jacqueline with Crossed Hands :1954
                      
Wassily Kandinsky.....Kochel :1902
                      Song of the Volga
                      On White II:1923
                      Contrasting Sounds:1924

Paul Cezanne..........Landscape with Poplars :1885-7
                      ****
                      Still Life :1890-94
                      The Large Bathers :900-05 

 
+++++ go-taku +++++ わざと 年代をさかのぼって 並べてみました セザンヌを嫌いだから 一番下に持ってきた・・・ なんてことじゃありません ピカソとカンディンスキーの絵解きの答えがさきにあったら 面白くないかなと思ったからです セザンヌのはたせなかったこととは なんだろう それは 自由な心を持つことではなかっただろうか 自由な心で表現することではなかっただろうか などと ひとりごちってみたりして index or back to top