グッケンハイムコレクション 乱 雑記


ルノアールからウォーホールまで・・という呼び込み文句に惹かれたけれど
印象派は有名どころは一枚ずつの出展で なんとなく「なんだかな〜」という気分
でも 日本でこれだけのの絵が見られるのだから文句を言ってはいけない

実際のグッケンハイム美術館に行ったことがないのでなんともいえないのだけれど
展示作品のひとつひとつから伝わってくるイメージが ものすごく似通っていて
中途からすこし げんなりしてしまった(のは私だけだろうか)
よく言えば重厚だが 簡単に言えば暗く重たい
決して暗く重たいものが嫌いなわけではないけれど すこしその印象が強すぎる
これは 絵を選んだ人の好みなのかなと思った
だとしたら観る側のことを考えた展示ではないような気がする

一番気に入ったのはカンディンスキーの「雨の風景」と デュビュッフェの「扉と雑草」だった
カンディンスキーはもとより好きで 特にこの時代の絵(具象から抽象への移行の時期)が好きだ
彼の絵は翳りがなくて明るくていい 「雨の風景」も雨の降るようすが楽しく伝わってくる
色も虹みたいできれいだった

デュビュッフェの「扉と雑草」は よく見るとコラージュ作品だった 
茶色で統一された画面のなかで 色の緻密さがコラージュによってなお引き立てられていた
扉の部分は木目が引っかき傷のような感じで表されていて 東洋的なイメージを感じた
東洋的というより 私自身の幼年期の思い出のような感じだった
どこかで見たことのあるような 不思議な気持ちが起こって しばらく眺めていた

あいかわらずピカソはすごい! 黒いマントの女性フェルナンドの絵があったが
頭の中で「白い服の女」と勝手に並べて そのコントラストを楽しんでみたりした
どちらもすごいデッサン力で 筆を入れない妙(息の抜き具合)がすばらしい
「黄色い髪の女」は ふくよかであたたかみのある絵だった
女性の輪郭を描く線が まるでお習字の筆のそれのようで 西洋絵画にはない線だと感じた
(もちろん 今までに私が見たことがないという意味においてである)
若き友人が「この女性をとっても愛していたんだろうな」というような感想を下さったけれど
うん たしかにそういわれてみると 愛情のこもった視線にあふれていると感じた

何を言いたいんだろう 何が描かれているんだろう(コンセプチュアルアートっていったっけ)・・
後半の現代美術作品は ひとつひとつちゃんと見ていたら なんだか頭が痛くなってきてしまった
やはりウォーホールよりリキテンシュタインが好きだ それを改めて確認・・
マグリットもその筆のタッチの繊細さ 画面構成において 卓越したものを感じた

ジャコメッティの絵もよかった
モンドリアンの青い菊の花はまるで水墨画のようで美しかった
クプカの「ヴィーナス」も色が大胆で 構図も堂々としていて潔かった

けっこう楽しい美術展だった








michelin