中宮寺 弥勒菩薩

はじめてみたのは 高校の修学旅行の時だった
天寿国繍帳の複製と弥勒菩薩が
明るい日差しの入る部屋にあったように覚えている
やけに黒かったけれど すごく柔らかな感じがした
あれは 春の日差しのせいだったのだろうか

何もわからずに眺めたのだけれど
中宮寺が尼寺であるということだけはわかって
ずっと法隆寺の威厳のある仏様をたくさん見た後だったので
なおさら 柔らかくやさしく感じたのかもしれない

あの頃の私は 何を弥勒菩薩の中に観たのだろう

今 東京にいらしている弥勒菩薩の中に
今の私は 何を観るだろう

きっと あの頃に観えたもののすべてを観ることはできないだろう   
でも きっと今の私にしか観えないものもあるはず

2005.3.15