情 感 智









「情・感・智」(3部作) 左から順に「情」「感」「智」
黒田 清輝
明治32年(1899年)
東洋の三美神 背景に一切の装飾を排して描かれた三人の女性 西洋絵画で見る三美神は もっと「女性」的だけれど この三人は 別のものの象徴として描かれている でも どの女性も美しく 凛として すがすがしい 私が絵を描きたいと思っていた頃 美術の先生が言った 「真善美」という言葉があります 真実のあるところ 善があり美があるという意味ですが 私にはそうは思えません 美の中にこそ 善があり真実があると思います その言葉は 今でも私の感じる心を支えている 情 感 智 というこの絵を見ると 真善美 のことをいつも思い出す
BACK privatemuseum-TOP NEXT