小さな港町に 毎年行っていた 朝早くから船出を知らせる汽笛がなった 夕方にはオレンジに光る波の間をぬって 船は戻ってきた 船はきれい 水面にゆれる マストの影が また きれい 海を眺めながら いろいろな話をした 言えないこともあったけれど 今思えば 言い出せないもどかしさが 楽しかったのかもしれない また 海の話や船の話が聞きたい




















Ship in Torieste : 1907:25x18cm : Egon Scheile

BACK privatemuseum-TOP NEXT