Pygmalion


ピュグマリオン キュプロス島の王 キュプロス島の王 ピュグマリオンは 美しい妻を娶ろうと  世界中を探し回るが 理想とする女性にめぐり合うことはなかった この世界には理想とする女性が居ないことに失望し 象牙で美しい女像を作る 彼は その像をこよなく愛した 愛の女神 アフロディテは 彼のその心に同情し この女像に命を与えた その後 彼は女像と結婚し 二人の間にパポスが誕生した click us ! ピュグマリオン キプロスの才能豊かな若い彫刻家 アフロディテは若い彫刻家のうわさを聞きつけ 自らの像を作らせる ピュグマリオンは傑作を作り上げ その像があまりにも美しかったので 彼は自分の作った彫像に恋をしてしまった 彼は毎日なにも手につかないほど恋焦がれ 「もし彼女を手に入れられないのなら、崖から飛び降り死んでしまおう」と独り言を言った それを聞きつけたアフロディテは 彼の願いを聞き入れる つまり 彼女は彫像に命を宿し ピュグマリオンの前には美しい乙女があらわれた その乙女の名前は ガラテアであると言い残し アフロディテは消え去った ピュグマリオンはその生涯をかけ 世界中の神殿のためにアフロディテの像を作って過ごした * * * 夢のかなう その瞬間  ピュグマリオンの喜びのその瞬間をとらえた美しいこの絵に 心惹かれます ガラテアはどこまでも美しく 冷たい白い象牙の肌を においたつような柔肌に変え ピュグマリオンの心をとりこにします フランスアカデミズムの画家 Jean-Leon Gerome  はこの題材を 二つの方向から描きました ドラマチックに 透き通るように まさに現実の出来事のようです 愛することの強さで叶わぬものが叶うという テーマ性が好まれたこの主題は もとはギリシャ神話からのものですが  いろいろな人に 色々なイマジネーションを抱かせてくれました     
piture introduction Pygmalion and Galatea...Jean-Leon Gerome Pygmalion and Galatea...Jean-Leon Gerome Working in Marble...Jean-Leon Gerome Pygmalion ...delvaux Pygmalion ...Barn Johnse +++ UN-CHIKU 1 +++ 「君なら50メートルを8秒台で走れるよ」・・・そういって励ましつづけていくことで ちょっと無理だと思われた課題を超えることができることがあります 教育界では そういった作用を ピグマリオン効果といいます できそうもないこと 叶いそうもないことが 何らかの力によって現実のものとなる そういった意味では 恋の世界も教育の世界も 似たところがあるのかもしれません どちらも 愛の力が必要であることには間違いはないようです +++ UN-CHIKU 2 +++ ジェロームの描いたこの絵 私の大好きな絵の中のひとつです 女性の後姿・・それが好きだと言うこともありますが 象牙のアイボリー色から柔肌の薄桃色にかわる瞬間を題材にとらえた事の妙 思わず彼女に抱きつく彼の一瞬の思いをとらえた青い衣装のたなびく様の美しさ それらをドラマチックに描いているところが大好きなのです なんといっても 彼女の体の線がうつくしい 絵は見る人が その人の気持ちを投影してみればいいと思うのです pygmalionの絵を見て 自分の恋心を重ねてみたり 製作への熱意を重ねてみたり 画法の妙に感じ入ってみたり・・・さまざま思いを以って感じればいいのだと思うのです でも ちょっと 違った見方もあります どうしてこの絵が描かれたんだろう・・・そういったことを考えたことがありますか 私(昭和31年生まれ)は 美術の教科書などで 女性の裸体を見かけると 先生はだいたい 「これは 芸術なんです 芸術に美はかかせません 女性の裸体こそ最大の美なのです」 というようなことを言われ 「そーか そーか」とうなずいたものです でも この10年の位のあいだに 美術史にもジェンダーの光があたり 「どうしてこの絵が描かれたんだろう」ということに多くの研究が重ねられるようになりました back museum
my pygmalion ずっと 大事にしてきた そうすることが 好きだった ひと時の夢を見た でも 言葉にしたら 消えてしまった いつまでも 残ると思ったのに でも もう覚めてしまった いつまでも 覚めないでいてほしかったのに いつかのように 何も考えずに あなただけを考えて あの頃のように すなおにみつめていることができたなら もう一度 願いがかなうのだろうか 願いをかなえてくれるのだろうか .......そうならば いつまでもいつまでも 抱きつづけていたい 私だけの夢 私だけの Pygmalion con-yumi