RIMPA展 乱 雑記


やはり触れ込みと展示にずれがある。どうも近代美術館とは相性が悪い。
青木繁の時にも感じたが、前期と後期で作品の入れ替えをするのは、集客目当てとしか思えない。
出し惜しみしないで、まとめてずらっとならんだ光琳を見てみたいものだ。
光琳の風神雷神は非常に軽妙洒脱な感じを受ける。線が伸びやかでかつ大胆だった。
構図は、さまざまな解説書にいろいろ物してあるので私がどうこう言うまでもなくすごいのだろう。
十数年前に 宗達と光琳と抱一風神雷神を一堂に会した展覧会が出光美術館あったらしい。
それを見たかった気がする。三点の中ではきっと光琳のものが一番好みだろうけれど、
ごくごく私感を言えば、何がそんなにこの屏風の人気を呼ぶのだろうというと思う。

今回の展示で一番気に入ったのは、抱一の「月に秋草図屏風」だった。
先人二人にない繊細で上品な作品だった。

この夏に、京都で長谷川等伯の「月下松林図」をみてしまったので
実はどの屏風を見ても、奥行きがなく、「絵」にしか見えなかった。

michelin