a rainy day


いつかの冬の終わる頃も こんな雨の日が続いた
この雨は あなたのところにも降っているんだろうか
そんなことを考えて 日曜日の午後を過ごした

あれから どれくらい時がたったのだろう
ついこの間だったかもしれない
もうずっと記憶の向こうのことだったのかもしれない

でも もうあの雨はふらない





rainy afternoon


窓の外を見ていると
 雨が花や木を水の色に変えていくのがわかる

みんな 透明な色に包まれていく
すこしかなしそうにもとの色をかくして 冷たい空気に包まれていく

そんな雨の午後





rainy afternoon U


春に咲く花をやさしく眺めるように
小さな小鳥のその声に そっと耳をかすように
かざらない気持ちで ここにいたい

自由な心で愛しつづけよう
何にもしばられないで 想う気持ちだけがかがやいていているように
あなたを愛しつづけよう

心の中に 花がいつまでもあるように

 雨にうたれても 明日 咲こうね





rainy night in spring


あの夜もこんな雨が降っていた
春だというのにつめたくて 心までぬれて
そんな夜にひろった小さな光のかけら
いつまでも 輝いていて
さみしい夜には 思い出して

あの夜のように